英語の履歴書の書き方は自由?

日本語の履歴書では、文房具店やホームセンターなどさまざまな場所で販売されている履歴書を活用することがほとんどです。もちろん、必ず使わなければならないというわけではありませんが、名前や年齢、生年月日、経歴などさまざまな必要となる情報が項目ごとに分かれており、非常に便利なものであるため、ほとんどの人が使用している帰途が現状です。しかし、外資系の企業など日本語の履歴書を使用するのではなく、英語の履歴書を使用する場合、これらは使えません。基本的に英語の履歴書は書き方が自由なので、自由にアピールできますが、だからこそ逆に困るということもあります。英語の履歴書の基本的なフォーマットを知っておくと便利です。

英語の履歴書の基本的な様式

英語の履歴書の基本的な様式は大きく分けて3つに分けることができます。ひとつがクロノロジカル・レジュメです。ふたつめがファンクショナル・レジュメ、そして最後がコンビネーション・レジュメです。それぞれに、メリットとデメリットがあるので、それぞれを把握して選ぶことが勧められます。クロノロジカル・レジュメとは、職歴や学歴を時系列順に新しい順に記していくものであり、伝統的なレジュメであり悪い印象を与えにくい様式です。職歴の穴がないというメリットがありますが、自己アピールがしにくいデメリットがあります。ファンクショナル・レジュメとは、スキルや業績、経験に重点を置いた様式です。勤務期間を書かなくてよく、転職回数やブランクがある人には向いていますが、説得力のある書き方は難しいというデメリットがあります。コンビネーション・レジュメとは、ふたつを合体したもののことです。

大手企業になると、優秀な人材を募集することが一般的です。そのため、履歴書や職務経歴書を英語で書かせる企業があります。