英語の履歴書の基本のポイント

日本語の履歴書ではなく、英語の履歴書というものが外資系の企業の就職試験を受ける際には必要となります。日本語の履歴書とは異なる書き方のポイントというものがあるので、注意することが必要です。まず、英語の履歴書を書くにあたって注意する点としては、大切なことは先に書くということです。英語の文法上、結論から先に書くことになるので、それに則り先に大切なことを書くことが効果的になります。また、日本では経歴や職歴は古い順に書きますが、英語の履歴書では新しいものから順番に記入することになるので注意が必要です。さらに、無駄を省きわかりやすくかくことも大切なことです。日本の履歴書にありがちな、趣味や特技は省き、わかりやすい初歩的な英語で書いても問題ありません。

英語の履歴書の注意点

英語の履歴書を書くにあたっては、注意点がいくつかあります。英語の履歴書は、日本語の履歴書とは異なり基本的に形式が自由です。そのため、募集要項をしっかりと読み込んでどのような内容は書き込まなければならないかをしっかりと把握してから書き始めることが重要となります。もし、抜けている項目があれば落とされてしまいます。また、英語が難しいと感じるからと言っても決してコピー&ペーストをすることはしてはいけません。履歴書によって英語力を試していることもあるうえに、場合によっては嘘をつくことになってしまいます。コピー&ペーストすると、その後の面接で行き詰まることになるので、一時しのぎにしかなりません。

面接を英語で受けるには練習が必要なので、英会話学校に通って訓練をし、慣れてから受けるほうがベターです。