自分で行うときは通常の仕事とほとんど変わらない

転職を行うとき、求人情報をチェックして応募し、書類審査、面接などを経て内定を得ます。面接時に簡単な条件の提示をするときもあれば、内定後に細かく条件を決定するときもあるでしょう。医師が自分で転職をするときにはどんな流れになるかですが、基本的には同じです。専用サイトなどで求人をチェックして自分で応募し、書類の作成も自分で行います。病院側から指示があれば面接に行き、採用であれば内定が出されます。自分で行わないといけないので、忙しい医師だとなかなか活動できないかもしれません。また、書類の作成方法が分からなければ書類審査で落ちる時もあります。仕事と面接の時間を合わせられずに、別の応募者に内定が出されてしまうときもあります。

エージェントサービスなら至れり尽くせり

病院勤務の医師は、24時間365日体制の勤務を行っています。3交代制などで勤務しなければならず、勤務以外でもそれなりに勤務ができる体制にしておく必要があります。転職を考えたとしても、応募先の検索はもとより、書類を作成する時間さえない人もいます。エージェントサービスを利用すると、最初に面談はありますがそれ以降はエージェントがサポートしてくれます。希望に合った転職先を探してくれ、書類の添削をしてくれたり、面接の日程調整、面接の受け答えのアドバイスなどもしてくれます。あまりしたくない条件の話であったり、断りの話などもエージェントに依頼をすればしてもらえます。忙しい医師であったり、希望通りの転職がしたい人に向いています。

医師を非常勤で働くと、メリットがあります。複数の病院でかけもちをすれば医療現場の特徴がわかるので、独立の際に、どんなクリニックをつくればよいかのヒントを掴めます