外来を担当するバイトをする

病院での医師の仕事として、外来、入院患者への対応、急患への対応などがあります。大学病院になるとその他にもいろいろな仕事があるかもしれません。入院患者への対応となると、担当医などが決められています。継続的に診る必要があるので、アルバイトして行うのは難しいかもしれません。それに対して外来の対応は必ずしも継続的な対応は不要です。その日に来た外来患者に対して、病気の判定と処方箋の作成などになります。医師がアルバイトをするとき、外来を担当する業務としてが多いとされています。手術などが多い病院では、外来担当の医師が一時的に足りなくなるときがあるようです。その時に募集がかかります。アルバイトなので、一度行けば再度契約してもらいやすい病院もあります。

健康診断の業務のバイト

会社などに勤務をしていると、1年に一度健康診断を受けなければいけません。多くの人は健康ですが、中には病気が見つかる人もいます。健康診断の内容は、体重や身長などの測定と、血液や尿などの検査です。測定や検査は看護師などが行うので、医師などが行う仕事はありません。ただ、最終的な問診の仕事があり、これは医師でないと行えません。体調に何か不安な部分があるかなどを聞く仕事で、健康診断の結果と合わせて総合的な判断をするときに大事になります。医師が行うアルバイトには、健康診断業務があります。春先に行われるものが多いですが、健康診断自体は1年を通して行っています。担当する医師が不足しているところなどで募集がかけられるようです。

求人サイトでコンサルタントに相談するのが、内科系の医師の募集情報を紹介してもらう場合の基本です。日勤や外来などの条件を詳細に伝えると、希望通りの職場への転職も実現できます。