自分の性格の長所短所を箇条書きにして整理しておこう

就職活動ではうまく自己PRして自分の良さを面接官に分かってもらわなければなりません。自分の性格の長所と短所を把握しておくことが大切と言えます。面接でも性格について聞かれることは多いでしょう。紙に長所と短所を10個ずつ箇条書きにしてみると、自分の性格がよく分かります。面接では自己PRする時間も限られているので、事前に整理しておくことでいざ聞かれたときにも簡潔に答えやすくなるはずです。

重要な志望動機は簡潔にまとめておく

面接において必ず聞かれる項目が志望動機です。「なぜこの会社を選んだのか」という点については、しっかりと自分の意見を伝える必要があります。面接時に長々と説明しても、言いたいことがうまく伝わらないことも多いです。志望動機については、事前に簡潔にまとめて紙に書いておくと、いざ聞かれたときに説明しやすいでしょう。志望動機は「給料が高い」などの待遇面や、「憧れの仕事なので」というふうな曖昧なものでは評価が低くなります。その会社の下調べをして仕事内容もふまえた上で、自分の才能や経験などと絡み合わせてできるだけ具体的に話しましょう。将来的にどのような仕事をしたいのかも付け加えると良いでしょう。やる気があることを面接官にいかに伝えることができるかがポイントです。

家族や友達に協力してもらい予行演習を

面接はぶっつけ本番ではどうしても緊張してしまいます。面接当日、できるだけリラックスするために、面接の予行演習をしておくと良いでしょう。家族や友達に面接官になってもらい、部屋に入るときから退室するまでを本番通りに行ってみます。面接官に聞かれそうな質問も投げかけてもらいましょう。あらかじめ練習しておくことで、面接への気負いも減らせるはずです。

就活の面接のときには、何はともあれ身だしなみには十分に気を付けることが大切です。髪型やスーツやバッグなどです。