タクシードライバーは接客業

一昔前まで、タクシードライバーといえば会社をリストラされたような境遇の人が、土地勘のある場所で気軽にできる仕事の代表格のようなところがありました。そして今でも地方においてはそんなようなところがあります。しかし、特に東京においてはまったく状況が変わってきており、競争激化とサービスの追求により、かなり高いサービスレベルが求められる仕事の代表格になりつつあります。具体的には、言葉遣いにおいてかなり丁寧な言葉遣いを使ったり、ハキハキとした言葉で話す必要が出てきています。その他、東京以外の地域においても同様に競争の激化により、サービスの差で他社との差別化を図ろうとする会社が増加傾向です。その結果、多くの資格を取得をする必要はない気軽さはあるものの、接客が苦手なかたには向かない仕事になりつつあります。そのため、地元のタクシー会社に勤めたい場合は、勤める会社を間違えないように事前に顧客として勤務先候補のタクシーに乗ってみて、どんな接客方針かを確認する作業が重要です。

トラックドライバーは接客業ではないが過酷

一方、トラックドライバーという業種はBtoCのタクシードライバーと比較して、基本的にBtoBなので接客業という要素は今でも薄めの業種です。そのため、接客が苦手な人であればタクシードライバーよりは向いているといえ、特に長距離ドライバーはタクシードライバーとはだいぶ違う仕事です。なお、取得しておくべき資格がタクシードライバーより多く、時間とお金をかけて色々な資格を取得しておかないとなかなか仕事の幅が広がりません。また過酷な職業として知られますので、勤務体制に関しては事前に色々な方法で下調べしておく必要があります。

ドライバーの求人には、普通車以外にもバスなどを運転する機会があるためきちんと車種別の免許を所持しておく必要があります。