臨床医とは異なる産業医

産業医は臨床医とは違って患者の治療に携わることはありません。主な役割は企業で労働者の健康管理をするための助言や指導、企画や運営などを行うことです。企業では一定以上の規模になると産業医を設置して労働者の健康管理体制を整えなければならないと定められています。そのため、多くの企業からの求人があり、安定して働ける職種として選ぶことが可能です。臨床医として働いてきて臨床の仕事に辛さを感じるようになった人が転職して産業医になることがよくあります。また、企業の従業員と同様にして一般的な定時の通りに働けることからワークライフバランスも整えやすいというメリットもあってよく着目されているのが産業医です。

産業医の求人は多いのか

転職をして産業医になりたいと考えたときに気にかかるのが求人の多さです。求人が見つかったタイミングが転職に適したタイミングと言えるほどに少ない地域もあります。企業が集中している首都圏では多数の募集がありますが、地方になるほど見つけるのが難しいのが実情です。企業が地方に進出したり、コスト削減のために地方にオフィスを移したりしているものの、やはり首都圏内に本社があるケースが大半を占めています。産業医を設置する義務があるのも事業規模がある程度大きくなった企業だけなので、基本的には大きな都市部で勤務先を探すことになりやすいのです。もし地方に住んでいて産業医になりたいと考えたら、都市部への引っ越しも考慮する必要があります。

産業医の募集は大企業を中心に行われており、福利厚生だけでなく、夜勤やオンコールの心配をせずに働ける点も魅力です。