入居までのハードルが低い

賃貸住宅を契約して入居する場合は部屋を選んでから審査に通過しなければ入居する事ができません。そのため部屋を探しだしてからすぐに入居する事はほぼ不可能です。しかしマンスリーマンションの場合は賃料は先払いで支払うので、賃貸のように審査に時間がかかる事はありません。

新居に入居する時は家具や家電を新居に持ち込むのも大変な作業ですが、マンスリーマンションは家電や家具が最初からついているので手荷物だけですぐに入居できます。

マンスリーマンションは敷金や礼金も必要ありませんし、初めて一人暮らしをする為に家具や家電が揃っていない場合でも全て揃える必要がないので、入居前の初期費用が少なく済みます。

さらにマンスリーマンションは賃貸住宅と違って光熱費や水道代が賃料に含まれているので、賃料の別に支払う必要がありません。

短期の滞在にも向いている

賃貸住宅の場合は一度契約すると契約期間が定められている物件もあります。もし契約期間より早く退去する場合は通常の退去に必要な費用とは別に違約金が発生して退去時の費用が大きくなります。マンスリーマンションの場合は特に契約期間はなく、賃料を支払った分の期間だけ住む事ができるので就職活動や出張での短期的な滞在にも向いています。

短期的な滞在の為に家具や家電など生活に必要な物を購入するとコストパフォーマンスが非常に悪いですが、マンスリーマンションは家具や家電は備え付けられているので短期滞在でも経済的な負担が少ないです。

マンスリーマンションの場合、敷金や礼金などの初期費用が掛からないため、短期間だけ利用する際には大変お得です。