常勤医師として働く問題点

もっと家庭生活を重視できるように働きたいというのは常勤医師が抱えやすい悩みです。基本的には病院側のスケジュールに合わせて動かなければならず、患者の容態の変化や手術の進捗状況の影響を受けて急に仕事が増えるようなケースも少なくありません。残業という言葉を忘れてしまうほど過重労働になっている現場が多く、それを嘆いて常勤医師で働くのを諦める人もいます。しかし、医師の働き方は常勤で病院に勤める方法だけではありません。多数の求人があるので別の働き方を求めて転職するのも良い方法です。特に常勤であるのにこだわらなくなると選択肢が飛躍的に増えて、家庭生活を重視しつつ医師として活躍できるようになれる可能性があります。

非常勤になって家庭生活を重視

家庭生活を重視したいときに候補にすると良いのが非常勤医師になる方法です。基本的にはシフト制で働けるので自分の家庭生活に合わせて働きやすくなります。人材確保があまりにも厳しい状況になっている現場で働くとシフトをもっと入れるように上司から指示を受ける場合もありますが、適度に人材が充足していれば問題はありません。また、医師の数がもともと少ないクリニックよりは病院の方がシフトの柔軟性が高いことが多くて働きやすい傾向があります。家庭生活を重視したいときには求人の選び方も重要であり、非常勤になったからといって必ずしも仕事一辺倒の生活に追われなくて済むわけではありません。慎重に選んで理想のワークライフバランスを実現しましょう。

医師のバイトは、平均の時給は1万円くらいになります。どんな仕事があるのかというと、昼の外来の仕事と夜の当直の仕事があります。