子供を預かり生活習慣などを指導する

子供の先生といえば小学校の先生を思い浮かべる人が多いでしょう。それ以外にも幼稚園の先生もいますし保育士もいます。幼稚園の先生は幼稚園で働き、保育士は保育園で働いています。そもそも幼稚園と保育園はどう違うのかわからない人もいます。どちらも小学校入学前の子供を預かる仕事になりますが、資格が違うだけに行える仕事の内容も異なります。保育士はまず子供を預かる仕事がメインになります。一般的には小学校入学前の子供と言われますが、それ以外の小学生の保育なども行えます。小学校に附属している学童保育なども保育士が行っています。預かるだけでなく、それぞれの子供の年齢に応じた生活習慣などの指導もあります。子供の安全も確保してあげないといけません。

保育園の他学童保育や各種施設などが職場

保育士の資格を取得するとどんなところで仕事ができるようになるかです。まずは保育園、保育所と呼ばれる機関で行えます。公的なところもあれば民間の所、さらに認定や認定外のところなどいろいろあります。最近増えてきたのは学童保育です。学校内などに学校に所属して設置されるところもありますが、民間で運営されているところもあります。こちらも一定の保育士を確保しないといけないため、資格があると働きやすくなります。乳児院や児童養護施設、障害児施設などでも働けるので、応募要項などをチェックしておくと良いでしょう。ショッピングセンターなどにチャイルドルームなどが用意されていますが、これらの施設でも働けます。預かり等がメインになります。

保育士の求人を大阪で探す場合、複数の求人サイトを通して多数の求人を比較することで、より魅力的な求人を見つけられます。